エコエネルギーの種類

電気が作り出される仕組みについて

小学校の科学の時間で習う内容ですが、大人になって忘れた方もいるかもしれません。太陽光発電を除いての発電の多くは、磁石を回しながら近くに置いている電線に刺激を与え、電気を生み出しています。電線をコイルと呼ばれる事もあります。磁石を回す方法には、様々な方法があります。
地球を汚すと言われています石油や石炭を燃やし、燃やした熱で水を沸騰させて、沸騰した時の水蒸気の力を使って磁石を回す方法があります。化石燃料を扱っているため限りがあるのみならず、物を燃やした時に発生をする二酸化炭素を空気中に増やしてしまいます。
地球に優しいエコネルギーとは、人が火を作らさずに、磁石を回す方法を取り入れた仕組みで作り出されるエネルギーです。風力発電もその一つでありまして、ダムなどによって磁石を回す水力発電もあります。地球の地熱を使って、水を沸騰させる地熱エネルギーもあります。
太陽光パネルは、磁石を利用するのでは無く、ケイ素を扱った鉄板に、太陽の光子を当て電子を飛びさせる方法で作り出されています。少し難しい内容ですが、最も安全で地球に優しいエネルギーだと言われています。

原子力エネルギーはエコエネルギーなのか

原子力エネルギーとは、この物質世界の最小の方に位置する原子の科学反応が引き起こす熱を利用しています。熱を作り上げ、水蒸気を作り出し磁石を回す内容は、太陽光発電意外の他の仕組みとほぼ同じです。原子と言うのは、様々な原子があります。原子は、違う大きさの原子に作り上げる事が出来ます。これを核反応と呼ばれています。
粘土で言えば、わかり易く、ある大きさから違う大きさに変えた場合、粘土が余ってしまう事もあります。この余った粘土は、様々な場所に飛び散りまして、壁を貫通させて、私達の体に影響を与えてしまう可能性があります。原子力発電所は、飛び散らない様に中和させるための壁を設けていますが、壁が崩壊してしまえば、周りに住んでいる人々に大きな被害を拡大させてしまいます。
原子力は、直接は、地球に優しいエネルギーを作り出してくれます。人が作り出した物には、全体に安全と言う保証はありません。エコエネルギーかどうかの考え方は人それぞですが、潜在的に危険な内容を含んでいる以上、自然が作り出すエネルギーに切り変えて行く事が大切と言えるでしょう。

© Copyright Power Of Home. All Rights Reserved.